インターネットは21世紀のシルクロード   <日本文化発信 : 野原耕二

 シルクロードの響き

 ヴォイス・オブ・シルクロード

 線のシルクロード


 

古代シルクロードは東西文化の行き交う道であった。
異文化を認識しあい、数多くの文化交流は
人類史、発展の基盤となった。

そこには、現代社会が弊害としている目に見えぬ壁がない、
自由な道として存在し、
東の終着駅、「日本」に
偉大なる文化を構築させた。

21世紀、
私たちは新しいシルクロードの可能性を得ることが出来た。

インターネットである。

通信技術の進歩は更に時間を越え、
まさにオンタイムに文化が行き交う道となる。

千数百年の歴史を踏まえ、
創造される文化を
日本からグローバルに展開する 
最高の時代であることは間違いない。

21世紀の文化シルクロードは日本が始発駅となり、 
世界にインターネットされるべきである。

途絶えてしまった文化の道を循環させるこの試みは、 
未来人への遺産となるだろう。

野原耕二(音楽プロデューサー)

 

 


 

2002/12/20

 

 


(C) 2001-1994  TGI TechnoGallery International, Inc.